期間限定(夏の終わりまで)の方の清掃バイトの面接へ行ってきました。

正直、こちらがメインだと考えています。

現地での面接ということで、働くイメージがつきやすくて助かります。


結果を先に言うと、こちらで働くことになりました! 

最寄り駅の改札で清掃会社の方と待ち合わせ。

すごく人の良さそうな方で出だし好調。

施設に入り、責任者?の方と合流。

この人がしっかしおばあちゃんぐらいの年齢の方でした。

他にも数名いらっしゃいましたがすべてご高齢。

仕事内容の説明を和やかな雰囲気の中受ける。

その後、軽く施設の中を回ってシフトをなんとなく決めて終了。

せいぜい30分ぐらい。

勤務日までけっこう時間があるけど一応働くことが決定しました。

内容も簡単な感じでやっていけそう。

勤務中は2人で入るそうですが、それぞれでやるので気楽なもんです。

自分の祖母と変わらないぐらいの年齢の方と同じ仕事をする。

そう考えると、どこかやるせない気持ちにならなくもない。

でも、そんな経験は警備バイト含めてさんざんしてきた。

今さら悩まない。



本命のバイトが決まったので、この勢いで合否待ち状態の清掃バイトにお断りの電話を入れました。

すんなりいけた。

まだ正式に勤務が決まる前のタイミングだったので良かった。

当初は2つの清掃バイトを掛け持ちするつもりでした。

でも、①件目の清掃バイトの面接に行っその思いは消え失せた。

今後の日程としては、ひとまず清掃バイトの勤務が開始するまでは治験の通院が週1回あるだけ。

その間に短期のバイトでもしようかと考えるけど、おそらくこれはない。

どうせそんな働き者ではない。

だらだらするに決まっている。

清掃バイトがスタートしたら忙しくなる?

いいえ、しょせん安定の週2勤務です。

増えても週3まで。しかも短時間。


治験の終わりも見えてくる。

次にすることは・・・・・就活

気が重いです。

とはいえ、いつかはしないといけない。

このタイミングでいないと一生しないかもしれない。

そのぐらいの岐路に立っている。

ダメだったら、Fランフリーターに戻ればいいだけ。


あとは、警備バイト残りか・・・

やっぱ行きたくないなー。

もうバックレる以外で勤務しない方法はない。


目前まで迫っている。


最後の気力で乗り切りたい。