退職手続きのため警備会社へ。

正直、めんどくさい。

自宅から1時間以上かかるため、ひたすらめんどい。

10分で終了!!

来る必要あった?

しかし、なんだかんだいい警備会社だった。

辞めておいてこんなこと言ってもしかたない。

でも、本当に結構良かったんじゃないかと思う。

まず、社長さんがいい人。

気さくだし、悪い感情を抱いたことがない。

会社としては規模も小さく、まだ設立して10年も経っていないぐらい。

それなのに、しっかりしている。

面接や今日みたいな退職の手続きに行っただけでも、ちゃんと全額交通費が出る。

大きなところや歴史の古い会社でも交通費が出なかったり、出ても全額じゃなかったりした。

そう考えれば恵まれていた。

自分の都合で辞めるのに一切嫌な顔されなかった。

それどころか、冗談も入っていると思うが「また働きたくなったらいつでも来て」と。


給料も他の求人と比べたらいい方だと思う。


つくづくなぜ辞めた?

すべてはアイツから始まった。


もう終わったことです。

これからしばらくは、週に1回程度の治験通院だけとなる。


清掃バイトがスタートするまで時間がわりとある。

晴れてニートに突入したわけです。

治験協力費と警備バイトの残りの給料で2ヶ月ぐらいは生き延びれそう。

時間的に余裕がかなりできる。

何をしよう?


就活しろよ!

こんな時だからこそ、てかそれ目的ではなかったか?

まずはスーツを買え!

とにかくやらないと。

ダメならダメでいい。

やってみてダメなことが確認できたらそれはそれでいい。

何もせずにどーせ無理だとウジウジしたままではもったいない。

もしかしたら意外と良い方向にいくかもしれない。


ひとまず、今日でFランフリーターは終わり。


明日からは、Fランニート期へ入る。