Fランフリーターの憂鬱

Fラン大学中退のアラサーフリーターの日々を書きつづる。

Fランフリーターの憂鬱 イメージ画像

2019年04月

あと数時間で平成が終わります。平成生まれのアラサーの僕にとって平成とはどんな時代だったのか?土曜日の登校が途中でなくなった。円周率を3で計算。そんなことはいいんです。僕にとって平成とは負けの連続、出口の見えないトンネルでした。学生時代からの経歴などをいつ

みなさんGWいかがお過ごしでしょうか?10連休なんて何をすればいいかわからない。GW関係なく仕事です。いろいろ思うところがあると思います。もちろん僕は何も変わることはありません。いつもの日常が続いているだけです。FランフリーターにGWなんて一切関係ありません。現在

この間、NHKの「ドキュメント72時間」でレンタルなんもしない人という方が特集されていました。知っている方もいると思います。他にもAbemaTVやYouTubeでも動画にでているようです。プロ奢ラレヤーさんと似たような感じの人でしょうか?阪大の大学院を出ているらしい。ここで

僕は散髪が苦手です。やはり最低でも2ヶ月に1回は散髪に行かなければならない。底辺フリーターとして最低限の清潔さを保つためにはしかたがない。でも、できることなら行きたくない。もう髪伸びるな!永久保存しろ!実家を出てからは自分で床屋を見つけなくてはならない。

昨日、治験病院から電話がありました。休薬期間の終了と治験のご案内。ふと思ったのですが、毎回休薬期間が終わったら全員に電話をしているのか?ということです。僕はこれまで2度ほど治験に参加したことがあります。記憶が確かなら、1度目の治験のあとに電話がかかってき

↑このページのトップヘ