Fランフリーターの憂鬱

Fラン大学中退のアラサーフリーターの日々を書きつづる。

Fランフリーターの憂鬱 イメージ画像

2019年07月

テレビ  2時間読書   2時間ネット  2時間治験通院も残すところ、あと数回。終わりが見えてきた。それと現在の半ニート状態の生活も終わりが見え始めた。ポジティブな意味ではなく、もちろん悪いほうで。単純に資金の底が見えてきたということです。当然ですよね。

ようやく就活について調べた。と言っても、検索窓にハローワークと入力しただけ。こんなことすら避けてきて1週間以上たった。調べれば調べるほど、ゴールまで距離がありすぎて一気に萎えた。僕には到底無理だと思う。何度も足を運び、書いたこともない書類を書きまくり、ま

週に2日ほど行っている。週の1日目は気が乗らないが、2日目はかなり気が楽です。でも、辞めたい。また、悪い虫が出てきました。今はどうやって辞めようかと頭の中で考えてしまう。もうシフトも出ているので、このタイミングで辞めるのは難しいのか?そもそも短期で入って

行きたくない。なんとか行った。到着してしまえば、たかが3時間だけなので乗り切れる。でも、むなしくなる。正直、1日単発の肉体労働系のバイトをやったほうが楽。精神的にはね。清掃バイトの3〜4日分ぐらいを1日で稼げることもある。その方が合っているとも思う。3時

テレビ  2時間読書   1時間ネット  2時間今日も何もしなかった。ハローワークのホームページを開くことさえしなかった。さすがにここまでしないと狂気じみている。なんでそんなこともできないかね。そういえば、今年の10月には消費税上がる。貧乏人はますます厳

↑このページのトップヘ